南信州の環境、文化、自然の産物をいただき、創作性あふれるお菓子へと生かす姿勢をマークに

トップページ > 信州里の菓子工房とは > 信州里の菓工房マークについて
●□□□□□●

信州里の菓工房マーク

信州里の菓工房マーク

2つのアルプスに囲まれ、間を流れる天竜川には両アルプスの清冽な雪解け水が注ぐ、歴史ある土地、伊那地域。その土地の環境と、文化、自然からの産物をありがたくいただき、創作性あふれるお菓子へと生かす姿勢をマークに表しました。
古くからの養蚕業から繭、長野県の縦長の形を併せた楕円の中には、2つのアルプス、そこから注ぐ川という自然の造形を表現しました。円の中ほどには、信ずるのへんとつくりである、人と言葉という文字があります。真摯な姿勢で仕上げたお菓子が言葉となって人と人をつなぐ橋渡しとなり、お菓子を通じて人の輪が広がって欲しいという願いも込めました。

信州里の菓工房とは
信州里の菓工房マークについて